パコパコママ

上司のセクハラに耐える美乳OL

2017年2月18日

作品紹介

斎藤はるな

内容

小さな会社での中で、「斎藤さん、数字が違うでしょ」っと仕事で失敗したので、上司からセクハラを受ける斎藤はるなさん。
いりいろ質問されて彼氏がいない事が分かると、「彼氏いないなんてもったいないねぇ」としつこく迫られ、「やめてください」と拒否をしても、「僕も彼女いないんだ」と制服の上から大きな胸を揉まれ、ふとももまで手を伸ばされる。
「オナニーとかするの?」と恥ずかしい質問までされながら休まずに触られ続けると、はるなさんも感じてきたのか、しだいに喘ぎ声をもらしはじめる。
そして上司が大きくなったものに触れさせ、「これ何? 言ってみて」と辱めを受け、「硬いチンチン……」と恥ずかしそうに答えては息を荒げた。
美乳があらわされ上司が乳首に吸い付くと、「うぅ、あっあぁ~」っと声をもらして喘ぎ、下半身まで触られて濡らしてしまい、「今どこ触られているか言ってごらん」とまたも言葉で責められる。
「クリトリスです……」「じゃ、見せて」と日頃自分で慰めている姿を見せると、調子に乗った上司はお尻を突き出すよう強要し、そして大事な所を舐められては快楽を味合い絶頂へと達した。
その後、「僕の事も気持ち良くしてよ」と上司が自分のものを出すと、はるなさんはそれを口に咥えて美味しそうにしゃぶりつき、胸に挟んではしごいて悦ばす。

上司の男が我慢できなくなり、「斎藤さんチンチン欲しいんでしょ」と後ろから差し込まれ、「気持ちいい」と久しぶりの男根を味わうと、「イクぅ~」っと悲鳴のような声で叫んで背面騎乗位で胸を揺さぶり悶えた。
その後も女の悦びを覚えて顔を赤らめながら乱れてよがり、「そろそろ出すよ」と男が限界になると、「中はダメ、妊娠しちゃう」っと拒んだが、空しく白い男の欲望が中からドロっとあふれ出した。

感想

今回の作品は、よくありそうな内容の設定ですが、行為が会社の中では少し窮屈そうですね。
リアルだと、Hに集中できなさそうです。
女優さんについては、むっちりとした体形で美巨乳であり、抱き心地が良さそうな感じがしました。
おとなしそうでエロさもあり、良かったと思います。
若妻役で義父にヤラれちゃうような場面を、是非観てみたいです。

-パコパコママ
-, ,

執筆者:

お世話になっています Click here !
アダルトブログランキング
人気の記事 (Best5) 
カテゴリー&タグ 

アーカイブ

アクセスランキング (テスト中)

  • 1Google
  • 2Yahoo
  • 3NTT DOCOMO
  • 3アダルトブログランキング
  • 5goo
  • 5搜狗搜索
  • 5楽天
  • error: Content is protected !!